読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳兼日記。

不定期更新(´・ω・`)

たばこのせい

2月10日に卒論が終わってから毎日のんびりと研修を受けながら社会人になるのが怖くて現実逃避しながら生きています。

鏡で自分の顔を見ると本当に太ったなあなんて思いながら過ごしています。

最近ブログ更新が面倒になったのは卒論が忙しくて終わったら書こう書こうと、自分の人生に記録をしようと思っていたのですが、タバコを始めたせいでタバコを吸いながら自分の毎日の感情に自己完結をしてしまっており、あまり書く気が起きなかったせいもあります。タバコのおかげか、毎日嫌なことが会っても耐えられるようになったし、自然とネガティブな気持ちがなくなりました。あったとしてもタバコを吸う事でその気持ちがなくなります。
卒論をしながら思いましたが、タバコはストレスありきで吸うものであり、近頃のうのうと過ごしている僕にとってはタバコはあんまり美味しくありません。でも、4時間に1本くらいは吸ってしまいます。
読書や勉強を続けようとかそんなことを思ってましたが、結局卒論が終わってからタバコしか続けているものがありません。お父さんごめんなさい。
タバコは確かに長生きすることを楽にしてくれるものだとは思いますが、毎日毎日無駄に過ごしてしまう物でもあります。人生を思い出深く充実して過ごしたいのであれば、タバコに充てる時間や金をこのブログだったり、他の趣味に使ったほうが有意義なのは頭ではわかっていますが、この楽さとあまりカネがかからないことを知ってしまうとなかなか抜け出せないです。
研究室で友達と仲良くなったのもタバコがきっかけだし、悪いことばかりではないです。金も実際余りかからない。吸って人生を楽しく生きれるなら僕は吸うことは悪く無いとは吸う前から思っていましたが、こうやって自分の気持ちを整理する時間を作らなくなったことはタバコを始めてから非常に良くない事だと思っています。

とにかく、卒業論文は自分の悔いが残らないように終えることができてよかった。先生とも最終的には打ち解けることができたし、自分の人生の中で最も真っ当に学生時代を過ごせたのではないだろうか、高校の時と比べれば友達も何人もできたし、人と話すのが億劫ではなくなったし、心が広くなったと思う。勉強も楽しく出来たし、良い大学生活でした。このブログを書き始めてからもう4年目になります。とりあえず、30歳までこのブログで自分の人生とその日の気持ちを書き続けられたら良いなと思います。
いまは誰も見てくれる人がいなくなったけれど、それでも書いていくことは僕の中で少しでもプラスになると思うので、毎日毎日タバコに時間と気持ちを使われず、過ごしていけると社会人生活も頑張れるのではないでしょうか。

いまは少しでもダイエットがしたい。

最近、「とんび」というドラマを見ました。

f:id:mori0817:20160317042401j:plain

もともと仁を見ていて、坂本龍馬役の内野聖陽さんに惹かれたのがきっかけで見たドラマだけど、本当に学生でも、親でも感動のできる幼い頃から普通に行きている人間ならだれでも共感できることのあるようなドラマだったと思います。主人公は少し出来過ぎていたけれど、佐藤健くんは好きなので許せました。でも、この人は多分早稲田大学にも進学していたし、賛否両論なんだろう、普通に勉強して早稲田に行けなかった人はあそこでとても怒ったと思います笑 普通、あんな家庭に生まれて現役でそこまでの大学に行ける頭は生まれ持ってから持っていないはずだから、内野聖陽さんは早稲田出身だけど、親はあまり勉強してこなかったという設定なので、少し無理がありすぎたと思う。
その部分以外は僕は大好きなドラマでした。
こういうドラマを見たあとは、人生頑張ろうなんて気持ちになるけれど寝て起きたら大体忘れている。感動なんてものは一瞬だけど、好きな作品を何回も見て頑張ろうという気持ちに慣れれば感動もタバコも同じようなもんなのかなと思いました。内野聖陽さんは、あとから見たらやっぱり演技が得意で本人も他の役柄の彼はあまり好きにはなれませんでしたが、坂本龍馬と市川康男は大好きです。彼のドラマで男臭い役が他のアレばこれからも必ず見ようと思います。もう、なみだが止まりませんでした。泣くってことは気持ちもスッキリして良いです。働くまでにもう一周くらい見ようと思います。

ということで、卒論が終わったことの締めとたばこへの考えとこれからの人生を頑張ろうと思えたとんびのお話でした。こんな理想的な人生じゃなくても、嫁をもらって幸せに生きることができれば良いなと思います。あと、こんな人当たりのよい人になりたいです。そのためには少し痩せないと不健康すぎる。

久々にブログを書いたけれど、なんだかやっぱり面倒くさいので次書くのも三ヶ月後くらいなんだろう、新入社員研修で東北に行くそうで、わかめの仕分けの手伝いなんかを東日本大震災のせいでやらないといけないらしい、とても面倒くさい・・・でも、東北の人とは少し話してみたいです。

2~3月はいろんな事があった。実家に帰ってしまった友達やいままで喧嘩していた人との和解だったり友達2留確定したりと気持ちがぶれぶれする時期だった。これからもこんなことはあると思うけれど、強く生きていきたいと思います。

おやすみなさい