メモ帳兼日記。

不定期更新(´・ω・`)

コーヒー美味しすぎ(´・~・`)

一年前以上前くらいからちょくちょくコーヒーを飲んでいるんだけれど、最近やっと慣れてきてブラックでも無理すれば飲めるようになってきました。でも後味がすごく悪いので結局はお砂糖一本くらい入れたほうが僕はまだ美味しいです。赤ちゃんみたいな味覚のままおとなになってしまいました。テヘヘ(´・~・`)(´・~・`)・・・

最近はメモも取っていないし、あんまりじぶんで考えることをしていない気がする。すぐ人を頼ろうとするし、家にこもりがちだし、家族とも以前よりも仲が悪いという^^;
あんまり事が良い方向に進んでいないですね。卒論からも逃げているし、複数の事をやらないと行けないと僕はすぐにこうなってしまいます。ダメダメだなぁ。もっとしゃきっとしないとね。

 就活においては少し進展して、18日にやっと一つ目の面接を受けてきました。手応えはあった気がするし、1:1だったから話しやすいように聞いてくれて、面接官との相性も良かったと思うけれど、聞かれた質問に対して、よく答えようと必要以上に答えてしまった。慌ててしまった感が否めませんね。他は良く出来ていた気がするし、もう少し話すエピソードをまとめて次の面接でも活かしたいですね、受けた会社にはそこまで行きたいわけじゃないので練習として受けたつもりで居ます。落ちてたら凹みますけど。

こういう文章を読んでいるといつも考えるんだけれど

前にこのブログを読んでくれた人に、大学生の悪あがきみたいな文章だと言われて、少しイラッと来ました。別に僕は人に見てもらいたいと思って書いているわけではないのでどう思われても良いと思って書いていましたが、いつの間にか人に見られたいという自己顕示みたいなの気持ちも少し持つようになっていました。
そうハッキリ言われると少し気分がよくありませんでした。
でも、自分で読み返してみたり、はてななんかで他の大学生のブログを読んでみると、同族嫌悪ではありませんが、僕も同じような感想を持ちました。人に言われたことも、時間が経てば冷静になって受け入れられるんだな、なんて感じられました。きっと就職活動でも同じようなことがあると思います。

最近移動で時間使うことが多いので、本を読むことが多いんだけれど、読んでいるあいだに限って読みたい本がどんどん増えていきます。就職活動が終わったらやりたいことは沢山あるけれど、時間のある大学生活の間に色々な本を読んでおこうと思います。

次は青き狼って本が読みたいです。

 人から聞いていたのもあるけれど、本屋でたまたま見かけたので、また読んでみたくなりました。モンゴルの初代帝王のチンギス・ハーンの生涯のお話です。チンギス・ハーンの没年は性格にはわかっていないそうですが、Wikipediaには21歳と書いてありました。そして、残念ながら私も同じ21歳です。三国志を読んでいる時もブログに同じようなこと書いた気がしますが、私がもしその時代に生きていたらとっくに斬り殺されているようなもので、僕なんか現代に生まれたのを良いことに、成長しないまま生き続けているだけな気がしました。

蒼き狼 (新潮文庫)

蒼き狼 (新潮文庫)

 

 全然関係ないんだけどチンギス・ハーンについて調べていたら

チンギス・ハーン源義経みたいな説があるそうで、ウッソだろお前・・・とチンギス・ハーンの肖像を見ていたあとにGoogle先生で「源義経」と検索してみたら一番上にチンギス・ハーンの肖像画がでてきて、思わずファッ?!となってしまいました。なんか肖像画ってどくどくで怖いので、お化けでも見たのかと思うくらい鳥肌が立ちましたし怖かったです。
真偽の程はよくわかりませんが、語呂合わせとかばっかりで嘘みたいです。

こういう発見もあるから身近だし、中国史って面白いですね。いまはアルスラーンにお熱ですが。

今季のアニメのFate/StayNightにも共通することだけれどサーバントは過去の英霊(エミヤくんを除く)であって、必ず歴史が絡んでくるので、それについて調べるのも面白いですね。今季のアニメ豊作でとても嬉しい。Fateについて調べているだけで一日を幸せにオエられるので・・・

こんなマイペースに生きていたらダメなのはわかっているんだけれど、成果を出さないとマイペースなクズ野郎で終わってしまうのはわかっているんだけれど・・・

就活においては期間が短いので後悔しないようにやりたいです。

f:id:mori0817:20150420195827g:plainゲンガーのおしりフリフリ本当に好き。さようなら