メモ帳兼日記。

不定期更新(´・ω・`)

誕生日です

どうも21歳になってしまいました。

歯磨きしながら書いてます。

 

あと20代も9年しか残っていません。

去年一年何をしていたか振り返るにはこのブログを読み返せばいいだけです。

人に胸張って言えることなんて何もしてませんでしたね。でもいろんな人と関わった気がします。

 

この9年でボクは30代になってしまいます。

30代までに何ができるようになっているのでしょうか、自分のやりたいことは見つかっているでしょうか、就活で10年後何になっていたいですかと聞かれた時ボクはトンチンカンな答えしか返せませんでしたが、具体的に10年後が見えてる人なんて社会人でもそういないだろうし、ましてや大学生なんかに答えられるわけない質問です。

まずボクは研究室で何を勉強しているのか答えられなければなりません。

就活でももちろん、自分が何をやっているか理解してそれについてはっきり答えられるようになれないと自信がついて来ないからです。僕が自信を持てないのは精一杯そのことに取り組んでないから胸をはって答えられないからです。

パっと見スカスカで漢字の少ない文章だなと思いました。

文章を書く仕事に携わりたいなといろいろな記事コラムを読む中でふと思いましたが、そんなの無理かもしれないね。

1年後に備えてもう決めないと。もう1年もないんだけどね。進路もうまく決められない優柔不断さです。


スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 - YouTube

 

ありがちだが有名なSteve Jobsのスピーチ

この動画で声を初めて聞いたけれど思ったより甲高い声をしてるのだなと思いました。

低い声でボソボソ話す人間よりもよっぽど人を引き込む力があると感じる。

 

この動画で言っていることは大学生以外でも全ての人間に当てはまる内容である。

自分が明日死ぬと想像して生きるというのはなかなか現実味がなく若い者には少し造像出来ないけれども、言っていることは身近な人間を見ていると理解できる。

このスピーチに僕がいうことなんて何もなく、例としてあげただけ、SteveJobsさんが立派とかこの人を尊敬しろということではなく僕も人生を全うしたいということです。

 

9月からインターンが2週間あります。これは少し転機だと思います。このインターンがうまく行かなったら逆に僕の人生は少し方向が変わってしまうかもれない大学院に重点を向けて大学生活を送ってしまうかもしれない。今は現実をみて大学院に進学したとしても必ず訪れる就活に備えて準備するとき、大学院は勉強しながら考えたって遅くないはず。

 

先週ブログに書いたとおり新潟旅行してきました。

祖父母の僕への態度で僕がもう子供でなく一人の大人として見られていること、僕はもう特別な存在じゃない祖父母も自分たちの事を優先している事に気づきました。

あたりまえだけどそんな感想を抱きました。

おみやげのぶどうと果実酒美味しかったです。

新潟で会った猫。可愛かったなぁ(ΦωΦ)

f:id:mori0817:20140819035124j:plain

 

僕と交流のある人間は僕のことなんかほとんど忘れているだろうけれど一応僕も人間なので意思を持って生きてます。

このままじゃ本当に孤独だけれど、今置かれている環境でするべき仕事や勉強を全うしてこそ自信につながる気がします。寂しいけれど、今は勉学から逃げちゃいけないな。明日もTOEICの勉強します。卒論のテーマ考えます。

 

 

 

明日は学校に行きます。

必ず早起きして研究室に言って勉強します

人と話します人気の少ない静かな図書館で引きこもるのやめます

外に出ようもりくん

うがいして寝ます。

おやすみなさい。