メモ帳兼日記。

不定期更新(´・ω・`)

チャイカ

 

O型は理想が高いらしいですけれど。

ボクは全くそれに当てはまると思うのでとりあえず一つの事をやり遂げようと思い就活用の業界研究、就活用の教本を一つ読みました。

このamazonの埋め込みを使ってみたかったのもありますけれど紹介します。

アソシエイトは使ってません。

 IT就活 IT技術者を目指す学生のための就活マニュアル。

IT就活―IT技術者を目指す学生のための就活マニュアル

IT就活―IT技術者を目指す学生のための就活マニュアル

 

 たった140ページくらいの本でしたが、ボクはあまり活字を読むのは得意じゃないので5時間くらいはかかったのかな。気になることはメモしながらよみました。

内容としては、業界研究の仕方、企業の分類の仕方種類、就職活動へのアドバイス、学生時代にしておいたほうが良いことなどでした。

筆者の井口さんという方も、もちろん理系の方であり、独立系のソフトウェア会社で25年も務めていたそうです。

SEという職業柄、企業が求めている人材など少しはわかったような気がします。

ボクはスキルアップなどの向上心はあるにしても、まずは安定した仕事を求めていました。安定した仕事を選ぶなということではないですが、企業にとって取るメリットは今の受け身思考のボクにはなかったなと思いました。

仕事中心の生活にお嫁さんがいればボクは往生できそう(´・ェ・`)

自己啓発にもなりましたし、読んでよかったと思います。

考えが改まりました。

読んでおいたことをメモしておきたいので書き残しておきます。

ありがとうございました。

 

 

先週木曜日に行った就職課では素敵な人に出会えました。ボクの高校時代の経験をお話したら君は若いのに他の人にはない経験をしていると言って下さり、お世辞かもしれないけれど、個人面談中に感極まって泣いてしまいました。

高校転入という経験は伝え方によってはすごく良いアピールになるよーなんて言ってくれました。ボクには良い印象に伝わりました。ですって。本心と受け取っておきますね・・・・。

後は実績でアピールするしかないなー。ボク口へただし。

人の前でなくのは1年前に見たトイストーリー3以来でした。恥ずかしかったです。

 

 

 

そういえば、父もインターンシップ希望の学生の面談をWEBカメラを使って行ったそうです。ひどく緊張してたといってました。

父は周りにいる学生は優秀な大学ばかりでてきていているぞーなんて言ってました。

それなりの企業に務めているので、若い人々に囲まれて仕事をしている中で、家に帰ると、元ひきこもりの大学生がいるってどんな気分なのでしょうか、少し前までは全く信用されていませんでしたが大学の成績があがってきたりバイトをしているうちに少しずつ信用されてきました。歳を取ったってこともあるのかな。

つい先日も父と母にご飯に連れて行ってもらいました。

大学生のウチに後何回一緒に御飯食べるんだろうなー、長生きして欲しいです。

 

 

 

 もう朝の4時だぞ早く寝ろよ・・・

 f:id:mori0817:20140630041607p:plain

 

おやすみなさい。皆の衆