メモ帳兼日記。

不定期更新(´・ω・`)

久々に

今週は寝坊したりして2日しか大学に行っていない。週休5日制です。

なんだかこのところ無気力で帰っても昼寝したりひたすらパソコンカタカタしてるだけの毎日。ここのところまた家の雰囲気や家族の体調も最悪だし、高い学費払わせて毎日無意味な勉強してただ4年間過ぎるのを待っている毎日。低学歴の大学生は行動なんて起こしても大したことできないので、周りの悟った連中もバイトしてなかったり勉強してなかったり大学の単位が取れていればそれでいいというようなつまらない連中ばかり。完全に家族の足でまといになっているし大学なんて行かなければ良かったのかなぁ、意識高い人たちがいる中で勉強がしたいがそういう人たちが集まる学校に入る学力なんてなく、人生は一度つまずいたら大概はそのままでつまらない人生を送り死んでいくんだよなぁ。

 

以前はやりたいことがあったけれど今はなんかもうどうでも良くなっている。

アルバイトしたって結局はアルバイトだけの人間関係になるし寂しは紛れない。

人生の指南書でもあればいいのに、失敗した人間の人生の指南書なんて存在しないだろうなぁ。失敗するのが前提なんだから。

 

僕を遊びに誘ってくれる人や好いてくれる人と遊びたい。でも僕は友達も少ないし、知り合いもいないからそんな人は一人もいない。僕は魅力がない人間なのに人から好かれようともせず、遠ざけようとする一方でなんでもネットや一人で完結してしまう毎日である。遠ざけようとするのは当たり前で自分に自信がないから自分のことを話しても相手を楽しませれないと思うからである。

 

21日の水曜日秋葉原の「タニマ」という喫茶店に行ってきた。

僕はコーヒーが飲めないので喫茶店に行くことはすくないのだが、雰囲気の良い喫茶店を見つけたので入ってみた。

谷間とはなんともいかがわしい名前だが、ビルの谷間という意味だそうだ。喫茶店の地下にはコスプレもののAVショップがあったけれど「タニマ」のご主人はどう思っているのか。

調べてみると30年くらい歴史がある喫茶店だそうでレコードが好きな方が経営してるらしい。店内の客は僕ひとりで少しお話することもできた。

僕はカフェオレを頼んで大学休んだことを思い返してノートに今の自分の気持ちなんかを書いて整理していた。今何をすべきかとかこんなこと何回繰り返してきたんだとか思ってるとカフェオレがやってきた。出てくるまで10分くらいかな丁寧に入れてくれたのがよく伝わった。笑顔でもってきてくれたご主人さんに癒されながらまったり飲みました。段々暖かくなってきた時期だけれど暖かいカフェオレは身にしみました。カフェオレって書くと子供っぽいけど牛乳入ってるだけですから?!

それなりに苦くはありました。精神的に少し楽になり30分くらい居座って退店しました、

秋葉原に合わない古風な喫茶店でしたがご主人と店の雰囲気がとても気に入りました。今度行った時にはオムライスを食べてみようと思いました。

まあ秋葉原にあるくらいだからそれなりに有名な店ではあるのでしょう。

また行きます。

5月ももう23日になってしまいました。

注文したパソコンもそろそろ届くけれどこんな状況で新しいPCなんて届いたら引きこもりが加速してしまうじゃないですかーヤダー。

いくらネットに仲の良い友達がいても心は満たされず現実世界で生活してる時間が長いとその反動でより一層寂しさが増す

と無意味な文章を貴重な大学生活の休み時間に書いて自己満足している大学生でした。

おわり